「人を元気にする」
その事だけを考えて15年が過ぎました。
薬を使う事なく健康で元気になれると信じて日々研究を重ねてきました。
たどり着いたのが医療の原点である「手当て」です。
幼いころお腹が痛いというと母は、
「痛いの痛いの飛んでいけ」と温かく優しい手でお腹をさすってくれました。
不思議と痛みが消えて笑顔になりました。
ユシアン・ヒーリングのリンパドレナージュはここから生まれました。
人の温もりで身体がゆるみ、心がゆるむ。元気になり笑顔になれる。
一人でも多くの人を笑顔になってほしい。
これがユシアのおもいです。